軽費ケアホーム:あおぞらシリーズ

都市型軽費老人ホーム

軽費ケアホーム:「あおぞら」シリーズは、東京都の都市型軽費老人ホームに準じた新しい種類の高齢者施設です。身体機能の低下等によりひとり暮らしを続けることが不安な方などを対象とし、困ったときには支援を受けられる「ケア付きすまい」をご提案致します。

都市型軽費老人ホーム

都市型軽費老人ホームとは?

都市型軽費老人ホームとは、身体機能の低下等によりひとり暮らしを続けることが不安な方などを対象とし、困ったときには支援を受けられる「ケア付きすまい」の創設が必要であるとの東京都の提言を契機に創設された、新しい種類の高齢者施設です。
地価が高い都市部でも整備が進むよう、従来の軽費老人ホーム(ケアハウス)と比較すると、居室面積や職員配置に関する基準が緩和されています。また、所得の低い高齢者でも安心して生活できるよう、利用料も低く抑えており、収入に応じた減免措置があります。

軽費ケアホーム:あおぞらシリーズの特徴

東京都の都市型軽費老人ホームに準じた安心設計

~高齢者の生活を支援する空間づくり~
あおぞらシリーズは、「耐火木造3階建て」、「RC4階建て」がございます。
施設の設計、施工から運営ノウハウまで、(株)ブルーワールドがトータルにご提案致します。

① 専用個室

居室は個室であり、居室面積7.43㎡以上となります。

② 安心設計

東京都建築基準に準じた設計で高水準の安全が確保されます。

③ 見守り24時間体制

夜間も介護職員や宿直員などによる見回り等があるので安心です。

④ 防災機器の充足

各室にインターホンや火災に備えてのスプリンクラーを設置するなど、安全面での配慮がされています。

⑤ サポート支援

資格を持った生活相談員が常勤することにより、健康管理や経済的な不安などの相談に対応することができます。

⑥ 食事提供サービス

身体状況で自炊が困難な方でも安心して健康的に生活できるよう一日3食、栄養バランスのとれた食事が提供されます。

お問い合わせフォームはこちら

PAGE TOP