ため池対策工事 作業の様子

ため池対策工事

東北支店 環境整備部では、南相馬市某所にて「ACL剥離洗浄システム」を使用しての
ため池対策工事を行っております。
台船フロートに設置された吸引ユニットを、ため池に渡したワイヤーを使って移動し、
ため池の底に堆積している汚染物質を底土泥と共に浚渫吸引ポンプで採取していきます。
ため池対策工事1
システム本体とポンプユニット間にケーブルやホースを渡すための「フロート桟橋」を伸ばすことで、
ため池の隅々まで移動できます。
ため池対策工事2
吸引された底土泥は、ホースを通して陸側のシステム本体に渡され剥離洗浄されます。
水上の作業となるため、安全には十分注意して作業を行っております。

システム詳細・カタログはこちら

関連記事

  1. ため池仮設工事
PAGE TOP